読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またたびCINEMA〜みたび〜

大好きな猫や映画の小ネタなんぞをとりとめもなくつづってゆきます

Elvis Costello は恐ろしく元気だった。

コステロの”The Spinning Wheel Songbook"と題するコンサートの初日に行って来た。
最終日の金曜日のライブはWow Wow で生中継するそうだ。私は見られない。

それにしてもコステロはエネルギッシュだった。観客にスピニング・ホイールを回させて当たった曲を演奏するという趣向で、みずからホストを努め、可愛い女の子を物色し、ステージに戻って、歌を休み無く歌いまくった。

それにしてもコステロは膨大な曲を作って来た。他のミュージシャンの歌も歌って来た。確か来年は還暦だ。
デヴューの時から歌っていたNick Loweの”What So Funny About Peace, Love and Understanding"がラストソングだった。コステロはこの曲がよほど好きなようだ。
動画はニック・ロウとの共演。新宿厚生年金会館。バックも豪華。

何度見ても笑える、初期のくねくね内股ダンス。

今回は歌ってくれなかったけれど、シップビルディングは大好きな曲。フォークランド紛争を風刺している。 ロバート・ワイアットが歌った。コステロヴァージョンはチェット・ベイカーのトランペットが憂いを増す。

今年亡くなったミュージシャンとの共演シーンがぐっと来たのでふたつ程。

The Band のLevon Helm の曲”Weight"をリチャード・トンプソンアラン・トゥーサン他が共演。リヴォン・ヘルムが嬉しそうにドラムを叩いている。もう歌えなかったのだろうか?

Lou Reed の”Perfect Day"をふたりでデュエット。ルー・リードの存在感を見て。

ニューアルバムはアメリカのヒップホップグループ The Roots とのコラボ。
コステロはいつだって走り続ける。

Wise Up Ghost

Wise Up Ghost