読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またたびCINEMA〜みたび〜

大好きな猫や映画の小ネタなんぞをとりとめもなくつづってゆきます

アンゲロプロスの事故死に衝撃

映画 追悼

今日夕刊を開区手が思わず止まった。ギリシャの映画監督テオ・アンゲロプロスが亡くなったというのだ。映画撮影中にバイクに衝突されたそうだ。ショックだ。
日本にアンゲロプロスの映画を紹介したのは、神保町のエキプ・ド・シネマだった。
ネットを検索すると、『旅芸人の記録』は1975年制作だが、岩波ホールでの上映は1979年だった。
当時4時間余りの長編はあまり例がなく、確か休憩が入ったように思う。
ギリシャ悲劇を下敷きにした骨太のドラマと、斬新な映像に度肝を抜かれた思いだった。
ギリシャからもたらされた新しい才能に興奮した。
彼の映像は、眠くなるような長回し(実際私は寝たことがある)とギリシャに似つかわしくない曇天で有名だった。
これは、ベネチアで金獅子賞を受賞した『アレキサンダー大王』。彼の才能の片鱗でも感じてもらえるだろうか。
でもなるべくなら大画面で、眠気と闘いながら観て欲しい。
撮影中だった『The Other Sea』という作品を観ることは出来ない。76歳で、まだまだもう何作か観れるはずだったのに。