読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またたびCINEMA〜みたび〜

大好きな猫や映画の小ネタなんぞをとりとめもなくつづってゆきます

ヤクザと俳優、ふたりの人生が交錯する―『映画は映画だ』

映画は映画だ/Rugh Cut/Jung Hun監督/2008/韓国

水曜日の昼下がり女3人で歌舞伎町を歩いていると、前を行く黒塗りのセンチュリーが静かに止まった。前の座席から男が出て来て、後部座席のドアを開けた。場所が場所だけに予感はあったのだが、果たして登場したのはスーツ姿の親分らしき人。幹部らしく落ち着き払った態度だ。
ヤクザ映画を見に行って本物に遭遇するとは!雰囲気作りとしては最高だ。


さて映画である。韓国の大スター、カン・ジファンとソ・ジソブガチンコ対決が話題だ。
監督はふたりを対照的に色分けした。カン・ジファンが「動」だとすれば、ソ・ジソブは「静」。カン・ジファンは「白」ソ・ジソブは「黒」といったイメージだ。
映画全編にこのふたりの魅力が詰っている。私は特にふたりのファンという訳ではなかったが、やんちゃなカン・ジファンとクールなジソブに魅了されてしまった。

「喧嘩映画」というジャンルがあるかどうか知らないが、映画は初めから終わりまで喧嘩の連続だ。
「映画俳優になりたかったヤクザ」ガンペ(ソ・ジソブ)と「ヤクザよりも暴力的な俳優」スタ(カン・ジファン)が、ひょんなことから映画共演することに。ふたりは演技ではなく、本気で喧嘩のシーンを撮り始める。


何はともあれ、主役の二人がカッコイイ!
ソ・ジソブとカン・ジファン、共に180cm超える長身の二人が相対する構図は実に絵になる。時代劇の殺陣に通じる格好良さもあり、最後の泥にまみれて必死に闘うシーンでは、どっちがどっちか分からなくなる、文字どおり泥臭い決闘が繰り広げられる。
特にジソブは、内に秘めた狂気を感じさせる迫真の演技だ。
ガンペは筋金入りのヤクザだが、冷血そのものという訳でなく、撮影の合間に手下と戯れる様子に彼の優しさが垣間みれる。
収監中の会長に面会に行って、囲碁をするシーンがいい。ガラスに透明の碁盤シートを貼って、毎回少しづつ対戦する。ガンペと会長の間柄が忍ばれる。このシーンはこの映画の原案を提供したキム・ギドクのアイデアらしい。


チャン・フン監督はこれが処女作だが、ずっとキム・ギドク監督の助監督をやっていた。
この映画の制作もしているキム・ギドクは、衝撃的な異彩を放つ作品を撮る映画監督だ。
チャン・フン監督は、キム・ギドクの脚本を一年かけて練り直したそうだ。
実は、この作品にはコメディと言っていい程笑いどころがある。特に監督役のコ・チャアンソクは小太りの3枚目で、背の高いふたりの間をちょこまか動き、観客の笑いを誘う。第一合図の掛け声「アクション」の語尾が変に上ずっている。達者な役者だ。
この作品の要は、ヤクザと俳優、表と裏の世界が交錯するという、キム・ギドクのアイデアである。しかし、チャン・フン監督はそれにエンターテイメント性を加味した。緊張と緩和のバランスがうまい。キム・ギドクが監督していたら、こんなに笑えなかっただろう。ただし、根底には毒がある。ラスト・シーンのガンペの顔は忘れられない。心が凍りついた。キム・ギドクが顔を出した瞬間だ。