読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またたびCINEMA〜みたび〜

大好きな猫や映画の小ネタなんぞをとりとめもなくつづってゆきます

猫と音楽が同時に楽しめます。

猫本 音楽

猫ジャケ ?素晴らしきネコードの世界

猫ジャケ ?素晴らしきネコードの世界

あなたは猫が好きである。CDショップに行って、思いがけず目にしたCDジャケットにかわいい猫が..。ここで猫好きは大いに悩む。
 1 そのミュージシャンが好き。
 2 そのミュージシャンが嫌い。
 3 そのミュージシャンを知らない。
1だったら、レジに走ればよろしい。問題は2と3である。
2だったら、よっぽどその猫がかわいい、もしくはアートとして素晴らしいという以外は、眺めるだけにしておく。
3だったら、ジャケ買いするかも。ジャケットに猫をフューチャーするということは、そのミュージシャンは猫好きであり、従って音楽のセンスがいいに違いない!と踏む。

以前すごく可愛い猫ジャケCDを、迷ったあげく買わなかったことがある。ちょっと後悔している。


ご多分にもれず、私も持っている猫ジャケ・レコード。あまりに有名過ぎて面白みがない。でも、LPレコードなのが得点が高い?「ネコード」というらしい。

Cat: The Incredible Jimmy Smith (Dig)

Cat: The Incredible Jimmy Smith (Dig)

ジミー・スミス『The Cat』
つづれおり

つづれおり

キャロル・キングTapestry


上記の猫ジャケ特集号で、入手可能かつ、アート的にいいと思った。スピッツのCD(犬なのに、何故猫?)。

名前をつけてやる

名前をつけてやる