読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またたびCINEMA〜みたび〜

大好きな猫や映画の小ネタなんぞをとりとめもなくつづってゆきます

Take it easy, Glenn Frey

音楽 追悼 近況

イーグルスグレン・フライが先日亡くなった。
ここのところ、立て続けに惜しい人が亡くなっている。今日もイタリアのエットーレ・スコラ監督の訃報を新聞で見た。

さて、グレン・フライである。
イーグルスは70年代のアメリカロック界を代表するグループである。
そして何と言っても「ホテルカルフォルニア」の世界的大ヒットによるところが大きいだろう。
でもあまりに売れてしまったため、耳タコソングとなり、私はなるべく避けて聴かないようにしていた。
ただ、この曲と「デスペラード(ならず者)」のリードボーカルをとっているドン・ヘンリーのハスキーボイスが好きだった。
今回、イーグルスのヒット曲を聞き直して再認識したのは、グレン・フライの作曲の才能と、イーグルスのメンバーの歌の上手さだ。
グレン・フライのカントリーっぽい歌い方も気に入った。
ちなみにデビュー曲の Take It Easy はジェムス・ブラウンとグレン・フライの共作だそうだ。知らなかった。

1977年のワシントンDCでのライブ。

曲目リスト ( )内はリードボーカル
Hotel California ( ドン・ヘンリー) ー New Kid in the Town ( グレン・フライ) ー Take it to the Limit ( ランディ・マイズナー)ー One of these Nights ( ドン・ヘンリー ) ー Lyin' Eyes ( グレン・フライ ) ー Rocky Mountain Way ( ジョー・ウォルシュ ) ー 
The Best of my Love (  ドン・ヘンリー)ー Take it Easy ( グレン・フライ