読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またたびCINEMA〜みたび〜

大好きな猫や映画の小ネタなんぞをとりとめもなくつづってゆきます

戦争に行った熊ヴォイテク

オーストラリアのコアラが満潮の川で立ち往生。渡りに船で、通りかかったカヌーに助けられる映像が話題だ。

そういえば、オーストラリアの山火事でレスキュー隊員から水をもらうコアラが話題になった。


受難にあう動物は昔から多いが、母親を亡くした小熊は助けられたとしても、動物園行きだろう。
しかし、第二次世界大戦中、イラクに駐屯していたポーランド軍に拾われて、イタリアに渡り、ポーランド兵とともにナチスと闘ったクマがいた。名前はヴォイテク
NHKの「地球ドラマチック」で、「戦争に行ったクマ〜ヴォイテクポーランド兵の物語」で何度か放送されている。

よく部隊と行動をともにする犬の話は耳にするが、熊というのは驚きだ。
小さいうちはマスコットとしてかわいいだろうが、なにせヒグマだから当然ポーランド兵より大きい。
クマのヴォイテクは、自分を人間だと思っていたに違いない。
兵隊たちと同じようにビールや煙草を好み、仲間とレスリングに興じた。

軍用トラックの助手席に乗り、弾薬を運んだ。
その様子は部隊の紋章にもなった。正式階級は伍長だそうだ。

戦争が終わると、部隊とヴォイテクには受難が待っていた。
連合軍として闘った部隊は、故郷に凱旋することなく、スコットランドに送られた。
祖国に戻られなくなったポーランド兵とヴォイテクはともに2年間を駐屯地で過ごし、除隊後47年にエジンバラ動物園に引き取られた。
ヴォイテクは動物園の人気者になったが、囚われの身になった心の内はどうだっただろう。
ポーランド兵の何人かは動物園を訪れ煙草を投げ与えていたという。入園者のポーランド語だけには反応したというヴォイテク
ちょっと悲しい結末である。

Wojtek the Bear: Polish War Hero

Wojtek the Bear: Polish War Hero