読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またたびCINEMA〜みたび〜

大好きな猫や映画の小ネタなんぞをとりとめもなくつづってゆきます

同病猫相哀れむ?猫好きはユリイカの猫特集を買うべし!

詩と批評の雑誌ユリイカが猫特集号を出している。1か月前、書店でカワイイ猫の表紙を見て何の躊躇もなく買った。
作家角田光代さんちのトトちゃんだ。トトちゃんの目にまいってしまった。

ユリイカ2010年11月号 特集=猫 この愛らしくも不可思議な隣人

ユリイカ2010年11月号 特集=猫 この愛らしくも不可思議な隣人

  • 作者: 角田 光代,西 加奈子,荒木 経惟,町田 康,いがらし みきお,ほし よりこ,朝吹 真理子
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • 発売日: 2010/10/27
  • メディア: ムック
  • 購入: 9人 クリック: 49回
  • この商品を含むブログ (13件) を見る
235ページも分量があるので、いまだに読み終えていない。
「猫ーこの愛らしくも不可思議な隣人」とサブ・タイトルにあるように、いろいろな方面から猫の魅力と謎を探求している。
角田光代さんと西加奈子さんの作家同士の猫談義に始まり、最近愛猫チロに先立たれた荒木経惟氏のチロの話や、猫を媒介に画家クリムト論を池内紀氏が展開している。数学や物理学に何故か登場する猫というわけで、科学者も何人か寄稿している。
大佛次郎内田百輭カレル・チャペックなど文学者の随筆も載せている。最後に、猫の文学作品、猫マンガ、猫の絵本、映画の猫、猫動画!のリストを挙げている。自分のベストと較べてみると面白い。
11月号なので、書店の店頭にはないかもしれないが、Amazon
には在庫ありになっている。猫好きは買って損はないと断言しとこう。