読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またたびCINEMA〜みたび〜

大好きな猫や映画の小ネタなんぞをとりとめもなくつづってゆきます

変ないきもの?落語家ー昇太VS桃太郎

  2/17(水) 練馬文化センターにて
春風亭昇太を聞きにいった。2回目である。
そこに面白いおじさんがいた。昔昔亭桃太郎だ。
落語芸術協会理事も務める重鎮のはずだが、あの脱力感は何だ?
しゃべりは、立板に水というわけではなく、もたつく。それが味になっている。
ぜんぜん力が入っていない。良く言えば、余裕なのか?

後から高座に上がった昇太が、兄弟子であるはずの桃太郎いじりを始めた。
いちいち当たっているので、大いに笑った。
桃太郎は食べるしぐさを長々とやり、拍手を強要する。
桃太郎の演目は「寝床」だったが、駄洒落を言いたいがためにネットカフェを持ち出し、落ちを変えてしまう。いったい何時の時代の話なんだ。
「私も高座で歩くしぐさが可愛いとよく言われる」とパンフに書く。

昇太は寝転びはしなかったが、前回に増して面白かった。でも何の話だったか思い出せない。


中入りをはさんで後半は、二人に、瀧川鯉朝、昇太の弟子の春風亭昇吉の4人で、トークショーとなった。トークショーと聞こえはいいが、ただの雑談である。楽をしようというのが、見え見えだ。
今回は、故春風亭柳昇の一門会とあいなった。楽屋の裏話をステージでやっているいう感じだ。
桃太郎は、若手の出身高校にいちいち興味を示し、井の頭線の女性が好みらしい。

昇太が、落語家を「変な生き物」呼ばわりしていたが、つくづく納得したのだった。

昔昔亭桃太郎 名演集1 不動坊/お見立て

昔昔亭桃太郎 名演集1 不動坊/お見立て


春風亭昇太3-昇太の古典-

春風亭昇太3-昇太の古典-