読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またたびCINEMA〜みたび〜

大好きな猫や映画の小ネタなんぞをとりとめもなくつづってゆきます

ニック・ロー&ライ・クーダー

Ry Cooder , Nick Lowe & Joachim Cooder / They Drive by Night Japan tour 2009

雨がそぼ降る夜、ライ・クーダーとニック・ローのジョイントの最終日、渋谷のオーチャードホールに駆け込んだ。
まったくついていない日で、チケットの入った財布を忘れたことを駅に着いて気がついた。
駅と家を1往復半して足は棒のように痛くなった。泣きたくなったが、行かないわけにはいかない。
幸いなことに?オープニング・アクトが終わる頃滑り込むことができた。

ライ・クーダーもニック・ローもライブは初めてで、ずっと恋いこがれていたふたりだ。
会場はおじさん色が強く、それも濃いキャラの方が多い。ウィーク・デーにも関わらずスーツ姿のサラリーマンはまばらだ。

アロハシャツで貫禄十分のライと、白髪に黒ブチ眼鏡で細身のニック。このふたりがその昔、一緒にバンドを組んでたとは知らなかった。アメリカ・ツアーでは昔の仲間のジム・ケルトナーがドラムを叩いていたらしいが、ヨーロッパでも息子のヨアキムがパーカッションでバックを努めている。オープニング・アクトで歌っていたジュリエットは、ヨアキムの奥さんらしい。コーラスも担当。

ヨーロッパツアーの様子。

ライ・クーダーのギターはカッコイイ!

アンコールの「(What's so funny 'bout) peace, love and understanding」。ニックの歌はどれも心地よい。この名曲はエルビス・コステロが流行らせたが、元はニックが作った。心に沁みる。


年の割には(62才と60才)たくさん歌ってくれたが、もう少し堪能したかった。ふたりともまた来てね!

ライ・クーダーの猫ジャケCD。買わねば!

マイ・ネーム・イズ・バディ

マイ・ネーム・イズ・バディ