読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またたびCINEMA〜みたび〜

大好きな猫や映画の小ネタなんぞをとりとめもなくつづってゆきます

あの素晴らしい音楽をもう一度―加藤和彦さん自殺

加藤和彦さんが亡くなったという一報を、お昼のニュースで知った。その後自殺らしいと聞いた。残念だ。


「悲しくて、悲しくて、とてもやりきれない」なんて歌詞だろう。今日の日を暗示していたかのようだ。
この歌はサトウハチローの詞に加藤和彦が曲をつけている。特に秋の夜なんかには泣きたくなるよな気分にさせる名曲だ。
思えば幼い頃、『帰って来たヨッパライ』に夢中になった。初めて好きになったコミックソングだろう。
かと思うと、『イムジン河』が発売中止にされるなど、時代の先を行った人だった。
その後『あの素晴らしい愛をもう一度』が大ヒットし、みんながギターを抱えて歌うようになった。私はギターは弾けなかったが、よく歌った。
サディスティック・ミカ・バンドを結成して、フォークからロックへ転身する。ポップでオシャレな『タイムマシンにお願い』は大好きだ。
霧島カレンや木村カエラをヴォーカルに、サディスティック・ミカ・バンドを復活させたり、坂崎幸之助北山修フォーク・クルセダーズを再結成したりしていたのに。活躍を目にしていただけに、なんで?という思いだ。
背が高くて、オシャレで、音楽の才能に恵まれ、多くの人に楽曲提供していた。
相棒で作詞家の安井かずみさんが亡くなった後、間もなく歌手の中丸三千絵さんと結婚した時に、この人は淋しがりやかな、と思ったことがある。
事情は知る由もないが、加藤和彦のつくった歌は歌い継がれることだろう。