読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またたびCINEMA〜みたび〜

大好きな猫や映画の小ネタなんぞをとりとめもなくつづってゆきます

テクノストレス顛末記〜そのいち〜

事の始まりは雑誌AERA English 9月号だった。
なかなか上達しない英語をなんとかしたいと思っていたところ「iPhoneで英語!」という特集を読んで、「コレだ!」と思ってしまった。iPhoneにいろんな英語教材や英語のポッドキャストなどをダウンロードして、常に持ち歩けば英語が飛躍的に上達するらしい。
さっそくものはためしと、近所のソフトバンク・ショップへ行ったのが8月末。9月末までに新規契約すると通信料が割安になるのは知っていた。しかし、ショップのお兄さんに8月中に契約すれば一万五千円もキャッシュ・バックがあると言われ、即座に「買います!」と口走っていた。
(ただ話を聞いてくるだけのつもりだったのに..。)


しかし、事は次第に加速していった。実際iPhoneを使ってみようとしたところ、初めの壁にぶつかった。携帯ショップでもらった説明書のコピー(Macだから)をみると自宅のパソコンのiTunesでヴァージョン・アップが必要とある。
うちのMacは中古の年代もので(下の写真)、10年前に大ヒットしたモデルである。(G3で0Sx10・2)最近はyahooのトップページを開く度に最新のヴァージョンに変えろ、と警告が出ていた。キーボードの「B」が強く押さないと出てこなくなっていた。もう替え時とは思っていた。が、すぐ替えないとiPhoneを買った意味がない。
  













たぶんWindowsの方が安くてなにかと都合がいいのは重々承知の上、またもやMacを買う事にした。Macを偏愛しているのだ。
家電量販店を何軒かはしごして、ソフマップ新宿店で買う事にした。Macに関してはここで訊くのが一番いい。
無線LANにしようと思うが、部屋中電磁波が飛交って体に悪いんじゃないのか?」という馬鹿な質問にも応えてくれた。いいお店だ。




それでも悩んだ末買ったパソコンがこれ。アルミボディのMacBook Proだ。横に置いてあるのがピンクのカバーのiPhone
未使用の中古で安く上かった上に、ADSLから光に変え、プロバイダーも変えたので更に2万円ほど値引きしてくれた。














9月末にNTTの工事の人が入り、その後インターネット接続を試みたがなかなか繋がらない。工事のおじさんが置いていった冊子では、Windowsの説明は詳しく出ているが、Macは最初の手順だけで後は画面の指示に従え、といった投げやりな記述だ。新しいプロバイダーはたぶん弱小なのか、以前のYahooと比べるとなんか心もとない。それでも数時間かかってなんとかつなげた。
ところが翌朝新たに起動させたところ、Safariにアクセスしても白い画面が出るだけ。あせってまた接続させるも、一時的に繋がるだけですぐ切れる。そもそもルーターに赤ランプが昨日から点滅していたのが変だと思っていたのだ。
最初にプロバイダーに電話したときにMacのサポートはあまり期待しないでと言われてはいた。でも仕方がない、切羽詰まってテクノサービスに電話した。
幸い電話に出た係の男性は的確に指示を出してくれて、驚くほどすんなりと問題は解決した。でもどこが間違っていたのかは今でも分からない。
ところが、ここで一件落着とはいかなかった。
変えたはずの新しいアドレスでアクセスしようとしたところ、ぜんぜんログイン出来ない。今度はカスタマーサービスに電話したところ、アドレスを変えた翌日の午後にならないと使えないとの返事。え〜!そんなことあるの?Yahooの方が良かったかなあ。


そんなこんなで試行錯誤しながら今にいたるも、まだ前のパソコンのデータ移行は出来ずにいる。FireWireが使えなかったのだ。この件に関しては、Appleのテクノサポートに電話した。うちのiMacが古すぎるそうだ。2千うん百円したFireWire使える日がくるんでしょうか?
連日パソコンの設定ばかりして、もううんざりしてしまった。それで古いiMAcはデスクの上にでんとまだ居座ったままだ。データ消去しなくては捨てられませんから。まあ、そのうちにとは思っていますが..。


それで話は終わらない。2ヶ月眠らせておいたiPhoneを忘れてはいけません。ということで、次回に続く。