読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またたびCINEMA〜みたび〜

大好きな猫や映画の小ネタなんぞをとりとめもなくつづってゆきます

「あこがれ」が琳派をつなぐ―大琳派展

琳派」という日本画の系譜がある。そもそも「琳」は尾形光琳からきているらしい。
上の看板「風神 雷神」はどこかで見たことある絵だし(風邪薬?)、金ぴかで派手だし、どこかユーモラスでもある。ここ何年か日本画好きになった私も、芸術の秋を感じに行って来た。

今年2008年は尾形光琳の生誕350年目にあたり、それを記念して、東京国立博物館で「琳派 継承と変奏」という展覧会を大々的に催している。
目玉は4つの「風神雷神図」が一堂に会する。すなわち、俵屋宗達尾形光琳、酒井泡一、鈴木基一の手になる絵が並んで見られるということだ。(上の看板は尾形光琳
ところが、私は俵屋宗達の「風神雷神」を見ることが出来なかった。なんてこったい!28日からの展示なのだ。この4つの「風神 雷神」が描かれる基となった、肝心要の国宝、宗達のものが見られないなんて。それに追い打ちを掛けたのが、これまた国宝、光琳の「燕子花花図屏風」も19日で公開を終わっていた。間の悪いことこの上ない。

それでも、光琳、泡一、基一の3人の「風神雷神図」を並べて見ることが出来た。みんな同じ構図で、そっくりだ。当たり前田のクラッカー、真似っこしているのだから。
光琳に至っては、宗達の絵の上に薄紙を置いて模写している。泡一は宗達の絵は知らず、光琳のものを真似ている。さらに基一は泡一のを写していると思われる。
その辺の解説は、雑誌BRUTUSの「琳派って誰?」に詳しい。とても勉強になったし、面白い。

BRUTUSは、何故琳派は金銀ひかりものが多いのか?という疑問のにも応えてくれる。みんな家がお金持ちだったからだそうだ。納得。それでなんか洗練を感じるんだ。


今回の展覧会は、琳派の作家として6人に焦点をあてている。

本阿弥光悦(1558〜1615)と俵屋宗達(記録なし)のユニット

狩野派のような幕府お抱えではなく、在野の天才絵師だった俵屋宗達の絵は自由闊達だ。金色の屏風の左右上方に雷神と風神を配し、中央を大きく空けた構図は、宙に浮かぶ二神に躍動感を与えている。一方、本阿弥光悦は、刀剣を家業とした由緒ある家柄の出身で、寛永の三筆といわれた書の腕前で、茶碗、蒔絵まで作る多才な人だった。宗達が絵を描き、光悦が字を載せるといったコラボ作品を数多く残している。注目すべき作品は、宗達の「白象図杉戸」や光悦の茶碗。

尾形光琳(1658〜1716)と乾山(1663〜1743)兄弟

二人から百年後、京の高級呉服商のボンボンだった光琳は、放蕩の限りを尽くして40才で破産。兄は絵画、弟は陶芸などで喰いつないだ。遠縁に本阿弥光悦がいたため、光悦、宗達の作品に幼い頃から接していた。宗達を絵の師匠とした光琳は、「風神雷神図」をそのまま写した。宗達への憧れは模倣という形を取ったが、しょせんオリジナルは超えられない。しかし、晩年光琳は傑作「紅白梅図屏風」を描き上げた。対比という構図を使い、心の師匠に挑んで達成した境地だ。

酒井泡一(1761〜1829)と鈴木基一(1796〜1858)師弟

光琳に遅れること、更に100年。京ではなく、酒井泡一は姫路藩酒井家の次男として江戸で生まれた。泡一は、相当光琳が好きだったらしい。光琳の絵の模写「光琳百図」を著わし、光琳百回忌の法要まで営んだ。
泡一が模写した「風神雷神図」は光琳そっくりだが、躍動感に欠け、こじんまりした印象だ。宗達のオリジナルは知らなかったようだ。しかし、この絵の裏側に描かれた「夏秋草図屏風」は、下方に夏草と秋草を対比した構図で描かれている。これも「風神雷神図」の変容と見ることも出来る。風にしなる草の繊細な描写が見事だ。(朝日新聞29日夕刊アート欄にこの絵の記事掲載)
泡一の高弟の基一も、「風神雷神図」を屏風ではなく、襖に描いている。金ではなく銀色をベースに横長のためか、スケール感は出ていたと思う。


この様にそれぞれ100年のインターバルを経て、6名の才人が同じ様な作品を作っている。4つの「風神雷神図」に象徴される琳派継承と変奏を、実際に会場に足を運んで観て来て欲しい。その根底に流れるのは、先人への「あこがれ」である。「あこがれ」は最初は模倣でしかないが、やがて消化、吸収され、オリジナリティある作品へと変容、実を結ぶことになる。