読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またたびCINEMA〜みたび〜

大好きな猫や映画の小ネタなんぞをとりとめもなくつづってゆきます

アンソニー・ミンゲラ監督死去

イングリッシュ・ペイシェント [DVD]

イングリッシュ・ペイシェント [DVD]

昨日はふたりのイギリス人の訃報が新聞に載った。
『2001年宇宙への旅』で有名なSF作家アーサー・C・クラークと『イングリシュ・ペイシェント』を撮った映画監督アンソニー・ミンゲラである。
アーサー・C・クラーク氏は、サイエンス・フィクションを確立した立役者のため、各社扱いが大きかった。一方、イギリス人とは思えない名前のアンソニー・ミンゲラ監督(イタリア系)は、特別な寄稿も無しのその他大勢の扱い。
90才だったクラーク氏に比べ、まだ54才のミンゲラ氏の訃報はショックだ。
アカデミー賞を獲った『イングリシュ・ペイシャント』のメロドラマが好きだった。レイフ・ファインズにメロメロになったのもこの作品からだ。オーソドックスな大河ドラマが得意で、ジュード・ロウがお気に入りだったようだ。『リプリー』も悪く無かったが、『コールド・マウンテン』は傑作だ。TV界で長く活躍していたためか、作品数が少ないのが残念だ。映画の遺作『こわれゆく世界の中で』(2007)を見逃してしまっている。
プロデュースにも力をいれていたようで、大好きな『アイリス』(2001)、『ヘブン』(2002)も手掛けている。今年のアカデミー賞をにぎわせた『フィクサー』の制作総指揮に名を連ねている。
映画作家としては、保守的で凡庸だったかもしれないが、往年のハリウッド映画を思わせる作風が好きだった。