読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またたびCINEMA〜みたび〜

大好きな猫や映画の小ネタなんぞをとりとめもなくつづってゆきます

コステロ親爺が生きのいい姉ちゃんたちを従えて還って来た 

Elvis Costello Live @ 昭和女子大人見記念講堂 feat.Larkin poe 先週の水曜日9月7日コステロのコンサートに行ってきた。 もう1週間も経っていまさらではあるが、素晴らしかったので書くことにする。あの日は昼間関東地方に地震があり、すっきりしない天気だ…

Take it easy, Glenn Frey

元イーグルスのグレン・フライが先日亡くなった。 ここのところ、立て続けに惜しい人が亡くなっている。今日もイタリアのエットーレ・スコラ監督の訃報を新聞で見た。さて、グレン・フライである。 イーグルスは70年代のアメリカロック界を代表するグループ…

David Bowie ふたたび

その昔、「タモリの音楽は世界だ」という番組がテレビ東京でありました。視聴者に当時高価だったMacが当たるという変わったクイズ番組でした。 タモリ好きだった私は毎週欠かさず見ていましたが、ある日デビッドボウイが登場し、他の有名人の名を騙っていま…

David Bowie is

今日仕事中にデビッド・ボウイが死んだと友人から聞かされた。先日アルバムを出したばかりだと聞いていたので、びっくりした。3年前の夏ロンドンに旅をした。その時偶然ヴィクトリア&アルバート美術館でデビッド・ボウイの展覧会を開催していた。” David Bo…

地球のすべての人に安らぎを

猫モグのクリスマスの悲劇。 イギリスのスーパーチェインのCM。 クリスマスイブの夜、猫のモグに降りかかる悪夢のような悲劇。必死の思いで逃げ出すと、駆け付けた消防士に火事を知らせたヒーローに! せっかくのクリスマスが台無しにと思いきや、大勢の人々…

いま、ひとたび反戦歌

土曜日早朝のピーターさんのラジオ番組バラカンビートで、初めて聞く反戦歌が流れた。「しゃれこうべと大砲」という曲で、浜田真理子さんのピアノ弾き語りだ。 大友良英さんのラジオ番組で、反戦歌を何曲か特集したとの視聴者のメールで紹介していた。 森繁…

サッカーだけじゃない!音楽大国Brazil

自国開催のワールドカップ準決勝でドイツに大敗を喫したブラジル。 今や、国全体が悲しみに沈んでいることだろう。 そんなブラジルの人々には音楽で元気になってもらいたい。 「音楽のワールドカップがあったら、ブラジルは最強国になる」と言った人がいたが…

大滝さんありがとう

大晦日耳に飛び込んで来た訃報。敬愛するミュージシャン大滝詠一さんが亡くなったという。 ネットを検索すると、リンゴを喉に詰まらせて死亡とある。お笑いが大好きな大滝さんであったが、こんな時まで笑わせてくれるのかと思ったものだ。でも死因は解離性動…

Elvis Costello は恐ろしく元気だった。

コステロの”The Spinning Wheel Songbook"と題するコンサートの初日に行って来た。 最終日の金曜日のライブはWow Wow で生中継するそうだ。私は見られない。それにしてもコステロはエネルギッシュだった。観客にスピニング・ホイールを回させて当たった曲を…

PaulがTokyoへやって来た、ヤァ!ヤァ!ヤァ!

月曜日の夜、ポール・マッカートニーのコンサートへ行ってきた。 東京ドームでのコンサートは、20年位前のストーンズ以来だ。 これまで生きてきたなかで、最も感慨深いコンサートだった。その月曜日、ギリギリの時間まで仕事をしていて、駅から走って会場…

今日はひな祭り

今日は女の子の節句、ひな祭り。 元少女の私としては、今日に限らず女子を応援したい。 ということで、女の子応援ソングをどうぞ! シンディ・ローパーの『ガールズ・ジャスト・ワナ・ハブ・ファン/Girls Just Want to Have fun』 懐かしいなあ。当時の邦題…

HAPPY VALENTINE'S DAY !

今日はヴァレンタイン、愛の記念日ということで、思いつくままにヴァレンタインにちなんだ音楽や映画等をあげてみよう。 Googleの去年のヴァレンタインのロゴ。歌はトニー・ベネット『Cold Cold Heart』。今年はロゴは特になしでした。 昔から大好きなチェッ…

RIPハル・デイヴィッド「世界が今必要なのは愛」

バート・バカラックとの名コンビでヒットソングを次々と産んだハル・デイビッドが亡くなった。 日本の反応の薄さは驚くばかりだが、世界中で愛され、尊敬された作詞家だ。 Hal David(5/22,1928〜9/1,2012)の紡ぎ出した言葉で、憶えておいて欲しいのは次の…

ザ・ピーナッツ 歌謡曲が輝いていた頃

ザ・ピーナッツの伊藤エミさんが亡くなられた。今、由紀さおりが歌う、70年代の歌謡曲が脚光を浴びている。 あの頃は、次から次へと名曲が生まれ、それを歌う歌手も上手かった。 先日亡くなった尾崎紀世彦さんの『また逢う日まで』もスゴい曲だと思う。ザ…

満月の輝き オマーラ&チューチョ

5月5日子どもの日、ブルーノート東京へ、キューバの歌姫オマーラ・ポルトゥオンドとラテン・ピアノの巨星チューチョ・バルデスのライブに行ってきた。 5月晴れの汗ばむ陽気の中、お洒落な街青山。ブルーノート東京は初めてだ。少し早く着いたので会場周辺…

うるう年と蛙の関係

今日というか昨日の2月29日は、4年に1回のうるう日だった。 イタリアの作曲家ロッシーニの誕生日でもある。 うるう年は漢字では閏年、英語ではleap year だ。 leapの跳ぶという意味にかけて、ロッシーニのオペラ『セビリアの理髪師』をカエルが演じてい…

ゆる〜い笑いと音楽ー風流tokyo堂

細野晴臣&春風亭昇太のコラボでお送りする音楽会に行って来た。 ヴァレンタイン・イブの13日、落語と音楽という趣向の、ほのぼの感たっぷりの楽しいライブだった。中央にどでかい高座が置かれ、まわりをバンドのセッティングが囲むという不思議なステージ…

雑誌ビッグイシューのこと

みなさんはビッグイシュー(The Big Issue)という雑誌はご存知だろうか? 震災後、ビッグイシューの記事が俄然面白くなっている。都会に住んでいる方なら、路上で雑誌を売るホームレスおじさんたちの姿を見かけたことがあるかもしれない。 ビッグイシューは、…

くるりはいいね!京都音博

今夜、たまたまTBSを見ていたら、中居君が司会をしている番組で斉藤和義が出演していた。 『ずっと好きだった』とニューシングル『やさしくなりたい』を2曲披露。本当はアルバム曲の『ウサギとカメ』が聴きたかった。 その直後、くるりを見ようとNHKに切り…

笑って許すわけにはいかない

ずっと何となく更新をさぼっていたブログ再開ということで、まずは笑っていただきましょう。 明日、というか、もう後数時間後に反原発デモに参加します。 先立って、パンチというか、トンチの効いた替え歌を2曲お送りします。 清志郎は他にも『メルトダウン…

天才歌手エイミー・ワインハウスの早すぎる死

今日、イギリスのシンガーソングライターAmy Winehouse エイミー・ワインハウスさんが自宅で亡くなっていたらしい。27歳という若さだった。 世代が違いすぎて、それほどよく知っていたわけではない。でもショックだ。 彼女は確かに音楽のミューズに祝福さ…

星に願いを

今日は七夕。東京の空に星は瞬かず、残念ながら織姫と彦星のランデブーは見られなかった。 願い事を短冊に書いて笹の葉に結びつけたのは、いつの日のことだろう。 欧米に七夕の習慣はないが、星に願い事をするのは一緒らしい。 『When You Wish upon a Star …

かっこいいぜ!斉藤和義と清志郎

斉藤和義はかっこいい。この『ずっと嘘だった』はCMで有名な曲『ずっと好きだった』の替え歌。原発事故への怒りをストレートに歌っている。 この動画が削除とコピーのいたちごっこになっているそうだ。 ところで、斉藤和義が「ずっと好き」なものは猫だそう…

またまた井の頭公園

きのうの土曜日はいいお天気だった。 ここのところ地震と津波と原電の放射能もれで、それでなくてもオオゴトなのに、計画停電で街の中は薄暗くなり、何故かスーパーやコンビニからお米やトイレットペーパーがなくなったりしている。外国人も我れ先に日本から…

コステロ参上!

3/1,2011 Elvis Costello "solo" in Tokyo ボケボケメキシコ旅行から東京へ戻ってきたのもつかの間、3月1日にエルビス・コステロのコンサートに馳せ参じた。 コステロのコンサートは野外関係はパスしていたので、本当に久しぶりだ。 旅行の予定より前にコス…

猫をなくしたすべての人々に捧げる歌『クロ』

今日の昼過ぎに、テレビから流れてきた歌に心をわしづかみにされてしまった。歌の途中から涙がぽろぽろ落ちてきてしまった。こんな短い歌でこんなに泣いたことはなかった。出勤間際だったのに、マスカラがはがれて困った。 NHKの「みんなの歌」の一曲で、遊…

Happy Christmas (War Is Over)

ジョン・レノンがいなくなってから30年、でもジョンの魂は世界中の人々の心を灯し続けている。 この地球上に戦争と暴力がなくなることを祈って歌いましょう。

またたび流クリスマス

毎年クリスマスの季節になると思う。なんで異教徒の私たちがイエス様の誕生日に大騒ぎするのだろうか?いつからクリスマスは恋人たちの日になったんだろう? ツリーも飾らず、サンタも来ない家で育った私にとって、クリスマスは丸いケーキを食べる日以外の何…

ジョン・レノンとノーベル平和賞

10月9日がジョン・レノンの誕生日というのは、Googleのページを開いて知った。ジョンの絵の動画と共に、Imagineが流れる。動画ヴァージョンは初めての試みだそうだ。 生誕70年ということは、生きていれば70歳だ。「死んだ子の年を数える」という言葉…

おやすみなさい。

もうすっかりご無沙汰してしまって、またぼちぼち始めようかと思っています。i Pad 欲しいなあ。 今日は、あの山崎直子さんがスペース・シャトルで宇宙に飛び立ちましたね。イケメンのご主人が、奥さんのバックアップのために、仕事を辞めていたなんてね。か…

帰って来た『上海バンスキング』

あの伝説の音楽芝居『上海バンスキング』を観に行った。もう、懐かしくって胸がいっぱいになった。 渋谷のシアターコクーンは、若い時の夢の舞台をもう一度観たいという青春後期の方で、ほぼ一杯だった。私が観たのは25年も前、1983年の4回目の再演だった…

ニック・ロー&ライ・クーダー

Ry Cooder , Nick Lowe & Joachim Cooder / They Drive by Night Japan tour 2009雨がそぼ降る夜、ライ・クーダーとニック・ローのジョイントの最終日、渋谷のオーチャードホールに駆け込んだ。 まったくついていない日で、チケットの入った財布を忘れたこと…

Au Revoir また来てね!パトリシア

Patricia Petibon Opera Aria Concert 10/31 東京オペラシティ コンサートホール恋人たちアーティスト: プティボン(パトリシア),ハイドン,グルック,モーツァルト,ハーディング(ダニエル),コンチェルト・ケルン出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック ク…

パトリシア・プティボン来日!

パトリシア・プティボンというフランス人のソプラノ歌手をご存知でしょうか? たまたまNHKでコンサートの映像を見て以来、パトリシアのファンになりました。 歌声の魅力もさりながら、ユーモアとエスプリたっぷりの魅力あるステージです。 今週の土曜日にコ…

あの素晴らしい音楽をもう一度―加藤和彦さん自殺

加藤和彦さんが亡くなったという一報を、お昼のニュースで知った。その後自殺らしいと聞いた。残念だ。 「悲しくて、悲しくて、とてもやりきれない」なんて歌詞だろう。今日の日を暗示していたかのようだ。 この歌はサトウハチローの詞に加藤和彦が曲をつけ…

夏の終わりの陽水

NHKで4夜連続で放映していた「LIFE 井上陽水〜40年を語る」が面白かった。 一番多感な中学時代によく聴いてはいたが、熱心なファンだったわけではない。 しかし、番組を見ているうちに、いかに陽水の曲をたくさん知っているか、いかに陽水の歌が私の心に…

スーパースターの死

昨日の日曜日は久しぶりのTOEICの試験だった。終了後、おあずけ状態だった映画に行って、友人と少し飲んだ。ブログの更新も出来なかった。 25日にマイケル・ジャクソンが亡くなったが、世間の反響はなかなか止む気配もない。 TIME誌のヘッドラインに“The D…

世界を舞台にしたピアニスト!

クライバーン・ピアノ・コンクールで優勝した辻井伸行君の話題で持切りのところ、また日本人のピアニストの快挙が報じられました。 ロンドンを拠点に活躍する内田光子さんがイギリス政府からデームの称号を授与されるそうです。 内田さんといえば、1970年に…

斉藤和義もやっぱり猫が好き!

今日のお昼、テレフォン・ショッキングのゲストで出て来た斉藤和義君。タモリとWカズヨシでした。生で歌った「ポストにマヨネーズ」という曲。イタ電を歌にするなんてすごいなあ。ギターも歌も上手いうえにユーモアもあって、惚れ直しました。 猫が好きなの…

無念!忌野清志郎再復活ならず

今日夜遅く清志郎が亡くなったと、NHKのテレビニュースで知りました。ショックです。 最初の活動休止の時は楽観視していました。このブログでエールを送ったのは2006年9月でした。 それから元気に復活し、コンサートでも歌っていたのに..。日本のミュージ…

「はっぴいえんど」にしてくれよ!

70年代初期の伝説のバンドはっぴいえんどのギタリストだった鈴木茂が大麻所持で逮捕された。 ここのところ大学生や主婦にも大麻が蔓延しているのだから、ミュージシャンが持っていても驚かない。 ところが、鈴木茂が在籍していたはっぴいえんどのCDや音楽…

Happy Valentine's Day!

ヴァレンタインなので、みなさまに愛と平和のメッセージを贈ります。 「愛の対義語は戦争だ」と誰かが言っていました。 ヴァレンタインというと、この歌が頭に浮かびます。チェット・ベイカーの物憂げな歌声が気に入っています。

メリー・クリスマス!

クリスチャンではないのに、クリスマスで大騒ぎしている日本。 滑稽だ。キリストの誕生がそんなに嬉しいのか?どうしてお釈迦様の誕生を祝わないのか? 4月8日にみんなで甘茶を飲もうではないか? そんな浮かれている日本人の様子を歌った、大滝詠一先生の…

キャロル・キングに励まされよう!

Carole King が、The Wellcome to My Livingroom Tourと題したツアーで来日している。スマスマでスマップとロコモーションを歌ったオン・エアーを見た人も多いだろう。 テレビで見る彼女は、溌溂としていて、スマップとの共演を楽しんでいる様子だった。私達…

ウェディング・ソング

先週の日曜日は甥の結婚式だった。 たくさんの友人が集まって、楽しい披露宴になった。 叔母さんとしては、とりたてて贈る言葉はないが、若いふたりの好みは無視して、斉藤和義の「ウェディング・ソング」で祝いたい。

またまた、ファンファーレ・チォカリーア

水曜日、例によって映画の最終回を観終わって、渋谷のとある坂道を通り抜けようとしたところで、見覚えののあるふたり連れに遭遇。先週の土曜日に三鷹でライブに行った、ファンファーレ・チョカリーアのメンバーだ。確か一日後に渋谷クアトロでライブがある…

お茶目なおじさんたちと妖しい踊り子たち―ファンファーレ・チォカリーア

11日の土曜日に三鷹市公会堂で、とびきり陽気なオヤジのブラスバンド、ファンファーレ・チォカリーアのコンサートに行って来た。初来日から見ていて、私達は今回で3回目もコンサートに馳せ参じている。 上の動画は12日の横須賀での模様をどなたかが写したも…

斉藤和義のネコード

やわらかな日アーティスト: 斉藤和義出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント発売日: 2002/11/20メディア: CD クリック: 1回この商品を含むブログ (14件) を見る前に紹介したレコード・コレクターズ別冊「猫ジャケ」に載っていた、斉藤和義の猫ジャケCD…

美しかった日野てる子

いつも長い髪にハイビスカスの花を挿して歌っていた日野てる子さんが亡くなった。 63歳だったそうだ。 それにしても、日野てる子という歌手が、こんなに美しい人だったとは驚きだ。彼女に「天は二物を与えた」んだね。 この『夏の日の想い出』という曲も気…

猫と音楽が同時に楽しめます。

猫ジャケ ?素晴らしきネコードの世界出版社/メーカー: ミュージックマガジン発売日: 2008/08/19メディア: 雑誌購入: 4人 クリック: 13回この商品を含むブログ (22件) を見るあなたは猫が好きである。CDショップに行って、思いがけず目にしたCDジャケットにか…