読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またたびCINEMA〜みたび〜

大好きな猫や映画の小ネタなんぞをとりとめもなくつづってゆきます

円丈ゲノム 円丈の系譜?

「毎日新聞落語会 渋谷に福来たる SPECIAL 2014 ~二人会フェステバル的な〜」という長ったらしい題の落語会に行って来た。3月一日土曜日、渋谷区文化総合センター大和田 サクラホールという、これまたくどいホール名の会場で、「円丈ゲノムVer.3」 いって、…

小三治を聴きに行く

先週19日土曜の夕刻、新宿末広亭の寄席に行った。 お目当ては、落語界の重鎮柳家小三治。 予想はしていたが、行ってみたところ立ち見だった。 そこで友人と考えた。3時間立ちっぱなしはきつい、お茶でも飲んでまた来ることに。 再度寄ってみると、中入少し…

談春落語 in お盆

先週、13日の金曜日は東京はお盆の入りだった。でも、私たち地方出身の者はピンと来ない。 その上仏滅も重なった日、東京の西にある小平で談春の独演会に行ってきた。談春は初めてだ。 立川談春といえば、古典落語の名手、談志の愛弟子で、チケットが取れ…

ゆる〜い笑いと音楽ー風流tokyo堂

細野晴臣&春風亭昇太のコラボでお送りする音楽会に行って来た。 ヴァレンタイン・イブの13日、落語と音楽という趣向の、ほのぼの感たっぷりの楽しいライブだった。中央にどでかい高座が置かれ、まわりをバンドのセッティングが囲むという不思議なステージ…

歌謡ショーだった「忠臣蔵でござる」」

柳亭市馬、春風亭昇太に柳家喬太郎という布陣で、落語を聴きに行くつもりであった。 昨日12月14日は討ち入りの日なので「忠臣蔵でござる」なんだろう、と思っていた。 でもふたをあけてみれば、これまるごと、ふざけた忠臣蔵だった。幕が開くと、市馬、…

仕舞った!談志を見損なった!

立川流家元立川談志がとうとうこの世からいなくなった。 落語会に足を運ぶようになったのはここ数年。談志の高座を一目見たいと思いはしたが、果たせぬままになった。 先日、談志の弟弟子の小三治のチケットも取り損ねた。失礼この上ないが、元気なうちに噺…

立川キウイって何者?

台風の影響で何やら不穏な空気が漂う19日、「立川キウイの真打昇進の会」という落語会に行って来た。中野ゼロ小ホールは、ほぼ満席の入り。 正直のところ、立川キウイという変わった名前の落語家は全然知らなかった。立川志の輔の噺が聴きたくてチケットを…

変ないきもの?落語家ー昇太VS桃太郎

2/17(水) 練馬文化センターにて 春風亭昇太を聞きにいった。2回目である。 そこに面白いおじさんがいた。昔昔亭桃太郎だ。 落語芸術協会理事も務める重鎮のはずだが、あの脱力感は何だ? しゃべりは、立板に水というわけではなく、もたつく。それが味…

早稲田から都電に乗って荒川で落語会。

秋晴れの土曜日、○十年ぶりに都電に乗った。 そういう年になったのか?落語に興味が湧いて来て、春風亭昇太と林家たい平のふたりの落語を聞きに、遠路荒川まで足を運んだ。 落語会は夕方である。せっかくのいいお天気なので、ひさしぶりに散策しようというこ…