読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

またたびCINEMA〜みたび〜

大好きな猫や映画の小ネタなんぞをとりとめもなくつづってゆきます

3月のライオン

「3月のライオン」の意味って ♪きょ〜うはめでたい雛祭り♪ お内裏様とお雛様みたいだにゃ〜。 (去年の使い回しです)土曜の夜NHKでやっているアニメ「3月のライオン」を毎週楽しみにしている。 「将棋のことがわかるのか」と友人は言う。 「全然。でも猫…

Valentine's Day 今日はバレンタイン。 日本では女性が男性に愛の告白をする日となっていますが、本来は誰にでも「愛してる」「好きです」と言う日です。「またたびCINEMA」では、猫への愛をつづります。この動画では、猫が"I Love You"と言っています。 How…

あけましておめでとうございます

今年は酉年 新年早々、トルコでテロ事件が発生しました。 シリアでは、命の危険にさらられている子供たちがいます。 手放しで喜べないにしても、新しい年を迎えられたことを祝いたいとおもいます。 今年が世界すべての人々にとって良い年になることをお祈り…

世界を衰退させないためにー「トランプ黙示録」を読み解く

トランプ黙示録? トランプ大統領誕生で世界が震撼した。 アメリカ国内外の落胆、そしてトランプ現象に立ち向かおうとする人々。グローバルボイスに投稿された記事を、グローバルボイス日本語の仲間が翻訳しました。 これを読み、少し元気をもらい、私たちに…

トランプ大統領誕生で、シリアはどうなるの?

ホワイトヘルメット 世界の埋もれてしまう小さな声を世界中に発信するサイト、グローバルボイスからシリアの記事を新しく訳しました。爆撃止まないアレッポにて、連日がれきから市民を救出する「ホワイトヘルメット」 https://t.co/bCknDxBceO @GlobalVoices…

アメリカよ、どこへ行く?

悪夢?トランプ大統領 アメリカの大統領選挙がまさかのトランプ氏当選に決まってから、半日あまりが過ぎた。 昨日昼過ぎ、雲行きが怪しくなってくると、あまりのショックに何も手がつかなくなった。 これではいけないと、何か気を紛らそうと思った。 そうい…

コステロ親爺が生きのいい姉ちゃんたちを従えて還って来た 

Elvis Costello Live @ 昭和女子大人見記念講堂 feat.Larkin poe 先週の水曜日9月7日コステロのコンサートに行ってきた。 もう1週間も経っていまさらではあるが、素晴らしかったので書くことにする。あの日は昼間関東地方に地震があり、すっきりしない天気だ…

ロンドン地下鉄駅を猫が占拠

ロンドンの駅の広告を一夜にして「猫」が独占 サプライズが素敵と話題 #ldnews https://t.co/2o3C854Myu— ねこのゆりかご (@matatabicinema) 2016年9月15日

いざアマゾン川へ! サラヤク村のサッカー少年たちといくカヌーの旅

エクアドルのサッカー少年に幸あれ!〜グローバルボイス〜 エクアドルのアマゾン地帯に豊かな自然に囲まれたサラヤクという村があります。この村の少年たちは、毎週サッカーの試合相手を求めてアマゾン川の支流を67キロものカヌーの旅をします。 そんな子供…

またたびCINEMA〜みたび〜

ブログへお引越し 最近、いろいろあって東京区内から近郊の町へ引越しました。 念願の猫が飼える部屋に住みかえたものの、経済的事情でしばらくおあずけです。 ということで、しばらくお休みしていた「はてなダイアリー」も「はてなブログ」へお引越しするこ…

政府に批判的なジャーナリストが次々とテレビから消えていく

グローバル・ボイスに新しい記事の翻訳をUPしました。 ↓ クリック! 「政治介入か? 日本の有名ニュースキャスターが相次ぎ降板」特に「クローズアップ現代」の国谷裕子さんの降板は、政府の意向を気にするNHK上層部の弱腰ではないかと思われている。 「クロ…

お花見@六義園

今年のお花見は、六義園の枝垂れ桜である。 花曇りで肌寒かったが、庭園に着くと行列ができていた。渡月橋を渡る人たち。影が水面に映っている。 日が暮れてライトアップされる枝垂れ桜。 妖しく美しい。

ひな祭り

子猫がお内裏様とお雛様のように、澄まし顔でちょこんと座っています。

Hello and good buy, 鎌近!

先週の土曜日、今月いっぱいで閉館になる鎌倉の近代美術館に行ってきた。鶴岡八幡宮の池の畔に立つ白いマッチ箱のような鎌倉美術館。 存在は知っていたが、いままで縁が無く、初めてのそして最後の訪れとなった。 池にはカモメ。別棟の屋上にはサギが数羽、…

Take it easy, Glenn Frey

元イーグルスのグレン・フライが先日亡くなった。 ここのところ、立て続けに惜しい人が亡くなっている。今日もイタリアのエットーレ・スコラ監督の訃報を新聞で見た。さて、グレン・フライである。 イーグルスは70年代のアメリカロック界を代表するグループ…

アラン・リックマン、おまえもか!

14日に、またもう一人のイギリス人が亡くなった。 アラン・リックマンといえば、まず『ダイハード』の冷酷なテロリスト役にシビれた。 それから間もなく彼を見たのは『close my eyes 』という映画で、弟との愛を断ち切れない妻に苦悩する夫を演じていた。こ…

David Bowie ふたたび

その昔、「タモリの音楽は世界だ」という番組がテレビ東京でありました。視聴者に当時高価だったMacが当たるという変わったクイズ番組でした。 タモリ好きだった私は毎週欠かさず見ていましたが、ある日デビッドボウイが登場し、他の有名人の名を騙っていま…

David Bowie is

今日仕事中にデビッド・ボウイが死んだと友人から聞かされた。先日アルバムを出したばかりだと聞いていたので、びっくりした。3年前の夏ロンドンに旅をした。その時偶然ヴィクトリア&アルバート美術館でデビッド・ボウイの展覧会を開催していた。” David Bo…

あけましておめでとうございます

申年の今年は、狛猿のいる赤坂の日枝神社に二年参りをしました。 赤坂見附の駅に着いたころには、12時まわっていて歳があけてしまいました。 坂の上の神社の境内は人だかりが出来ていて、お参りに手間取りました。 烏帽子を被った雄猿と赤ちゃんを抱いた雌…

地球のすべての人に安らぎを

猫モグのクリスマスの悲劇。 イギリスのスーパーチェインのCM。 クリスマスイブの夜、猫のモグに降りかかる悪夢のような悲劇。必死の思いで逃げ出すと、駆け付けた消防士に火事を知らせたヒーローに! せっかくのクリスマスが台無しにと思いきや、大勢の人々…

War Is Over ! If you want it

みなさん、メリークリスマス!今日は日比谷に映画『黄金のアデーレ』を見にいったついでに、日比谷公園でクリスマス・マーケットを覗いてきました。サンタさんと天使、怪物のような従者にも会いました。『黄金のアデーレ』は、クリムトのゴージャスな絵画に…

ロシアで生き埋めにされた犬に起こったこと

まず、この動画を見てください。この動画はテレビなどで見ていました。 でも、いったいぜんたいどうして犬が地下に閉じ込められたのか、グローバル・ボイスに詳しい事情が載っていました。 今回私が訳した記事がこちらです。 ↓クリック! ロシア、ヴォロネジ…

グローバルボイスで記事を翻訳しました。 ↓(クリック!) ラス・パトロナス:メキシコの「死の列車」に人道支援をつづける女性たちメキシコを縦断するビーストと呼ばれる貨物列車の屋根に乗って、アメリカを目指す中米移民に食糧支援をするメキシコの女性た…

A Happy Halloween!

なんかスゴイことになってきているハローウィン。 数十年前は一部の外人さんが、山の手線をジャックして、警察出動とかあったりしたっけ。 今はすっかり東京の風物詩になってしまった。ところで”Trick or Treat!"といえば、サイモンズキャットのように、猫は…

いま、ひとたび反戦歌

土曜日早朝のピーターさんのラジオ番組バラカンビートで、初めて聞く反戦歌が流れた。「しゃれこうべと大砲」という曲で、浜田真理子さんのピアノ弾き語りだ。 大友良英さんのラジオ番組で、反戦歌を何曲か特集したとの視聴者のメールで紹介していた。 森繁…

8.30 安保法案反対デモ

明日、2時から10万人の全国規模で安保法案に反対するデモが予定されている。 東京は国会前で抗議の声を上げるそうだが、あんな狭い場所で大丈夫なのだろうか?私は仕事なので残念ながら参加しないが、国会前は何回か行っている。 最初に行った時驚いたのは…

和田さん、久しぶり!

ネットを散策していると、昔の知り合いに偶然出会うことはよくあることですが、活字の新聞で、もしや?とという人に出くわしました。若者にフィルムカメラが人気だそうで、いまどき湿版写真を撮っているカメラマンいるという記事でした。 場所が谷中で、しか…

ラジオ深夜便で中川モモコさんが戦時下のドイツを語った

以前、友人のお母さんである中川モモコさんの本を、このブログで紹介したことがありました。 千田是也氏の娘さんのモモコさんは、ドイツ人のお母さんの母国ドイツで少女期を過ごしました。 私たちは8月になると、数々の戦争体験記を見聞きしますが、戦時下…

メキシコ政府がオアハカの先住民ラジオ局を弾圧

グローバル・ボイスで、3作目の翻訳記事UPしました。 →メキシコ政府がオアハカの先住民ラジオ局を弾圧最初に訳したメキシコの貧困に関する記事に続き、今回はメキシコ南部のオアハカ州の先住民のFMラジオ局の話です。 オアハカ州は、メキシコの中でも、特に…

ご無沙汰しました

たびたび、休んでしまってすいません。また、始めます。ご挨拶がわりにお気に入りの猫動画をご紹介。 ニュースサイトの huffpost によると、「仕事に行き詰まったら猫動画を見ると、やる気が出る」という研究結果がでたそうです。 →やる気が欲しいなら 猫動…

「戦場のガールズライフ」

桜の樹の下には屍体が埋まっている と書いたのは、『檸檬』の梶井基次郎だった。屍体の養分を吸って咲き誇る桜の花と、地下に埋まっている腐っていく屍体。 そういえば、岡崎京子の『リバーズ・エッジ』にも河原に死体を見に行く印象的な場面がある。先週、…

What's Going On  いったいぜんたい世界はどうなっているのだろう?

テロ組織によって殺されるジャーナリストのニュースが相次いでいる。 朝日新聞から転載。 世界新聞・ニュース発行者協会(WAN―IFRA)は2日、今年の「自由のための金のペン賞」を「職務中に犠牲になったジャーナリスト」に贈る、と発表した。(中略)…

フロリダのマナティ、辺野古のジュゴン

先日、アメリカのフロリダで排水溝に嵌まってしまった何頭ものマナティを、住民総出で救出したとの出来事がニュースになった。もちろん、悲惨なニュースが多い中で喜ばしい good news だと私も思った。 でも、手放しで喜ぶ気にはなれない。フロリダから遠く…

猫の親子

今日は猫の日だった。 毎日の様に猫の動画を見て過ごしているが、今日は大好きな動画をご紹介。私の少女時代に我が家にいた三毛猫チーはたくさんの子猫を産んだ。 その子育ての様子は、実に見事という他なく、感動的だった。 子猫たちの目が開いてやんちゃに…

あけましておめでとうございます

新年のご挨拶が遅くなってしまいました。 実は暮れから風邪をひきながらも働き続け、風邪をこじらせてしまいました。 毎年恒例の2年参りは断念し、小康状態になった3日に初詣と相成りました。 今年は未年ということで、駒羊のいる高輪願正寺へ。 願正寺の…

Cats Vs. Christmas

Happy Holidays! Merry Christmas!と、容易く祝ってしまいがちだが、世の中クリスチャンばかりではないので、最近は ハッピー ホリデーということになっているらしい。 まあ宗教に節操のない日本人としてはどちらでもいいけどね。ところで、猫たちにとっても…

Global Voices 日本語に参加しました。

Global Voices って何?という人!もっともです。 私も数ヶ月前まで知りませんでした。 Global Voices すなわち「世界の声」は、先進国中心のネットの世界で見逃されがちな声なき声を世界中に発信しようという試みです。 世界中から投稿されたブログが集まっ…

黒猫!

明日はHalloweenということで、はろーうぃんといえば黒猫であーる。 否、蜘蛛だろう、蝙蝠じゃないの、という人もいるだろう。 当ブログとしては、当然黒猫押しなのである。 まあ、最近巷では、ハローウィン=仮装するお祭りと化しているよね。 私の馴染みの…

中川安奈さんの早すぎる死を悼む

先週末、職場の友人の妹さんが亡くなった。 女優の中川安奈さんだ。まだ49歳だという。友人に会ったら何と声を掛ければいいのだろう。言葉が浮かばない。 お姉さんに会いに来た安奈さんを、2、3回お見かけしたことがあった。 美しい人だった。3年前の3.11…

必見『War Horse ウォー・ホース〜戦火の馬〜』

今、絶対に見ておくべき芝居がロンドンから渋谷に来ている。 ロンドンのナショナルシアターで大評判、スピルバーグが映画化した大ヒット作だ。 馬のパペットの中には人が入っているのだが、劇に引き込まれていくうちに、馬たちが生きているかのように見えて…

わたしが一番きれいだったとき

ところで、長岡空襲があった8月1日の夜、私の母は隣接する見附市にいて隣の火事を見ていたそうだ。 「花火のように奇麗だった」と聞いた憶えがある。 今年の6月末、世田谷文学館に茨木のり子展を観に行った。 この看板の写真。美しい人だ。凛としたという形…

花火と爆弾〜ふたたび〜

『この空の花ー長岡花火物語』は「花火」と「爆弾」という、似ていて非なるものをめぐり、平和と戦争を考える映画だった。 前回書き忘れたのだが、来年の8月15日、終戦の日にハワイ真珠湾にて、長岡の花火を打上げることが決まったそうだ。なんてこった! 真…

今週のお題「ふるさと・夏」花火と爆弾 今年の終戦(敗戦)の日の東京は晴れだった。蝉が短い命を惜しむかのように鳴き競っていた。 69年前も蝉が鳴く暑い日だったのだろうか? 夏の風物詩といえば打ち上げ花火だが、毎年、全国あちこちで夜空に大輪の花を…

サッカーだけじゃない!音楽大国Brazil

自国開催のワールドカップ準決勝でドイツに大敗を喫したブラジル。 今や、国全体が悲しみに沈んでいることだろう。 そんなブラジルの人々には音楽で元気になってもらいたい。 「音楽のワールドカップがあったら、ブラジルは最強国になる」と言った人がいたが…

ネコも杓子もサッカー?

今朝は日本中が落ち込んだ。コロンビアに勝てる確率は薄かったのに、選手も日本人サポーターも奇跡が起こることを祈ったのだ。 今、夜も更けて、テレビ上のメッシは、いとも簡単にゴールを決めている。 本田も、香川も、大久保も、シュートを打てどもゴール…

ねこ・猫・ネコ

ここしばらく、ネットワークの問題でご無沙汰しておりました。さて、ここ数日勇敢な猫の動画が世界を駆け巡っています。 自転車で遊んでいた4歳の少年に犬が襲いかかるや否や、一匹の猫が犬に向かって突進します。 猫はこの一家が飼っている6歳のタラちゃ…

今年の桜

連日大勢の庶民が一目見ようと押寄せている皇居の桜だが、先日の土曜日私たちも一応行ってはみた。 だがあまりの民族大移動のごとくの行列に恐れをなし、皇居周辺を、うろうろすることとなった。でも千鳥ヶ淵の桜はいつだってみごとである。 パレスホテル前…

玄関開けたら猫

There are few things in life more heartwarming than to be welcomed by a cat. ~Tay Hohoff (猫に歓迎される時ほど、人生で無上の喜びを感じる瞬間はない)

円丈ゲノム 円丈の系譜?

「毎日新聞落語会 渋谷に福来たる SPECIAL 2014 ~二人会フェステバル的な〜」という長ったらしい題の落語会に行って来た。3月一日土曜日、渋谷区文化総合センター大和田 サクラホールという、これまたくどいホール名の会場で、「円丈ゲノムVer.3」 いって、…

大好きだったまどみちおさん

昨日の土曜日に渋谷で落語を聴きに行ったところ、思いがけないものに遭遇した。 しろやぎさんとくろやぎさんだ。 これがその写真だ。少し早めに会場に行ったのだが、渋谷のど真ん中で、けたたましく鳴き続けるケモノの声が聞こえた。この声はヤギに違いない…